お金とダルマ

シノケンハーモニーは空室リスク回避のプロ

家賃をスムーズに回収する

男女

家賃債務保証とは、賃貸契約の際に第三者が連帯保証人となるサービスのことを言います。他にも似た言葉として家賃保証や賃貸保証といったものがありますが、基本的には同じものを指します。家賃債務保証を利用することには貸主と借主の双方にメリットがあります。まず貸主にとっては、賃貸の大きなリスクである家賃延滞を解消することが可能です。もし仮に家賃延滞が発生したとしても家賃債務保証を行う業者が代わりに支払いを行ってくれるため安心です。また借主にとっては連帯保証人が不要であることが挙げられます。近年では連帯保証人を見つけることが出来ない人が増加しているため、利用者が増加しています。連帯保証人がいなくても賃貸契約が行えるという意味では、貸主にとっては空室リスクも軽減することが出来ます。

家賃債務保証を利用する人は非常に増加しています。その背景には賃貸業を行う人の安定志向と連帯保証人の問題が挙げられます。不動産投資が注目されたことで多くの人が参入するようになりました。しかし不動産には様々なリスクもあり、その代表が家賃延滞と空室リスクです。家賃債務保証を利用することでこの2つの大きな問題を改善することが出来ます。確実に収益を上げたい貸主には魅力的なサービスだと言えるでしょう。また連帯保証人の問題です。核家族が進んだことで身内が限られてきています。また身内がいたとしても、派遣社員など収入が不安定になりがちな仕事に就いている場合には連帯保証人になれないことがあります。そのため連帯保証人を頼める人がおらず家賃債務保証を利用する人が多くいます。