お金とダルマ

シノケンハーモニーは空室リスク回避のプロ

賃貸物件を問題なく借りる

お金

連帯保証人を立てる

賃貸物件を借りる際に必要となる連帯保証人を用意する事ができない、身内が遠方に住んでいる人や高齢者などは家賃保証会社を利用する事が最適です。賃貸物件を借りる為に連帯保証人が不要と書かれている場合には、賃貸物件を管理している不動産会社にが家賃保証会社を斡旋している場合もあります。家賃保証会社を利用する事で得られるメリットは、借主だけではなく賃貸物件の貸主も家賃の滞納リスクなどを回避する事ができるメリットがあります。家賃保証会社は家賃を滞納した入居者に代わって家賃を支払い、後で借主へ対して滞納した家賃の督促を行う事になります。物件を借りる際に必要となる保証料はそれぞれの保証会社によって異なるので、どのような契約であるかをしっかり確認する事が大切です。

タイプ別の保証会社を選ぶ

家賃保証会社には借り上げ型や保証委託契約型などがあるので、それぞれのタイプの契約内容を把握した上で利用する事が大切です。借り上げ型の場合には、不動産会社が借主に代わって貸借人となり物件を借り上げて、一般の入居者へ又貸しする事になります。貸主側が借り上げ型の家賃保証会社を利用する事で、入居者の募集や家賃の回収などすべての管理を行ってくれるので手間をかけずに賃貸経営する事ができます。保証委託契約型では貸主と借主の間に入って、入居者が家賃を滞納した時には借主に代わって家賃を支払い、後で滞納分を請求する事になります。保証会社を利用する事でどのようなメリットがあるのかを理解した上で利用する事で、貸主側も借主側も多くのメリットを得る事ができます。