お金とダルマ

シノケンハーモニーは空室リスク回避のプロ

滞納減と取り立て業務

男の人

滞納リスクを軽減

マンションなどの不動産経営では、借主からの滞納リスクがあります。事前に審査をしていますが、審査に問題があったり、貸したときと事情が変わることもあります。それを防ぐために保証人を立ててもらいますが、保証人から確実に賃料が得られるとも限りません。賃貸保証会社は、保証人に変わって借主の保証をしてくれる会社です。借主は一定の支払いをしておけば、保証人としての役割が認められ、別途保証人を立てる必要が無くなります。不動産を運営すぐら話からすると、賃貸保証会社の保証がある方が滞納リスクを軽減することが可能になります。保証人のように払ってくれるかわからない状態ではなく、確実に払ってもらえます。安定した運営ができるようになります。

督促や取り立てが不要

借り入れをした人が期限までに返済をしないとき、貸した側は督促や取り立てをしないといけません。業務なので仕方がありませんが、決して気持ちのいい仕事ではありません。場合によっては相手が困っていることもあるので、強く言えないこともあります。そうするとどんどん支払ってもらえなくなります。不動産運営をしている場合も、利用者が賃料の滞納をすれば督促や取り立てが必要です。賃貸保証会社を利用することで、督促などは業者に行ってもらえます。借主が払えなくなったときは、まず賃貸保証会社に請求をして、賃料分を受けることが出来ます。その後、業者が借主に督促などを行います。こちらは金融会社なので、専門的な対応をすることが出来ます。法的手続きで取り立てなどを行ってくれます。